オシャレなオシャベリなブレイクダンスエンジェル
オシャレなオシャベリなブレイクダンスエンジェル

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「新型うつ病」の原因は「ゆとり教育」ですね。

「ゆとり教育」は、1970~80年代のアメリカで失敗した「教育の人間化論」そのものですね。

「ゆとり教育」は、学級崩壊の状態を理想的な教育環境とでも考えていたようですね。

「ゆとり教育」は、規律のない教育です。

「新型うつ病」は、『仕事のときだけうつ状態になる』のが大きな特徴です。

職場には規律があります。規律にはストレスがともないます。

一般に、うつ病はストレスが大きな主な原因と言われています。ストレスに負けると、うつ病になります。

ストレスに負けない強い心を作る教育が必要だったのです。

ところが、「ゆとり教育」はストレスに負けない教育どころではありません。ストレスのない教育なのです。

「新型うつ病」は「ゆとり教育」が原因です。

「ゆとり教育」の中では、ストレス耐性が形成されないのです。ストレスのない世界でしか生きられないのです。

ストレス耐性のない「新型うつ病」の治療法が求められているのです。

「新型うつ病」は「働くことが出来ない」「働く性格能力がない」ということです。

大変に大きな問題なのではないでしょうか。表面化しているのは、まだまだ、氷山の一角に過ぎないのかも知れません。

以上


スポンサーサイト
学校に行って得られるものは学校の勉強だけではないです。
学校に行って一番大切なのは、社会性を身につけることじゃないでしょうか。

面白いコメント頂きましたが、学校は何をするところなのでしょうか。

むかし、NHKの朝ドラに「おしん」というのがありました。
若い人たちは、内容について、詳しくは知らないかも知れませんが、「おしん」は、貧しくて学校に行けませんでした。
でも、時々、子守りをしながら、こっそり学校を覗きに行きました。

何を覗いていたか分かりますか。社会性を身に付けたかったのではないようでした。

「おしん」は学校の勉強の授業を教室の窓から覗いていたのです。

読み・書き・そろばんが学校教育の原点ですね。
「おしん」は、読み・書き・そろばんの勉強がしたかったのです。

今でも、読み・書き・そろばんが学校教育の原点なのではないでしょうか。

世界の貧しい国や地域では学校の存在も充分ではないようです。

社会性を身に付けさせる学校が求められているのでしょうか。
日本では社会性を身に付けさせる学校が求められているのでしょうか。

読み・書き・そろばんは、どういう位置づけになるのでしょうかね。

ゆとり教育の見直しが行われていますが、やはり、読み・書き・そろばん教育が学校教育の原点なのではないでしょうか。

社会性の教育は教師に対して行われるべきカリキュラムなのではないでしょうか。

教師にとっては、学校に行って一番大切なのは、社会性を身につけることなのかも知れませんがね。

以上






ネットビジネスとコピーライティング情報で
成功するビジネスの秘訣を紹介

「必要なものにはお金を使いたくない」が、
「欲しいものには喜んでお金を使う」

トイレの修理のような「必要なもの」は、
その購入の決め手の大きな
ポイントになるのは「金額」

しかし、安く買えたからといって、
「いい買い物をしたー」
と、満足するケースは少ない

ところが、買う必要は全くないものでも
人は「欲しいもの」には価値を感じ、
高いお金を「何度も」払う

あなたの売っているものが、
「必要なもの」だという要素が大きいなら、
「欲しいもの」の要素を加えることができないか、
一度考えてみてはどうでしょう?

新しいビジネスを立ち上げるなら、
「人が欲しいもの」は何か、
入念にリサーチしてみてはどうでしょう?

人間の根源的な10の欲求

自費出版で億万長者のジェフリーラント博士によると
人間の根源的な欲求は10個だそうです


① 経済的な安定が欲しい
② 健康が欲しい

③ 愛が欲しい
④ 安全(安心)が欲しい

⑤ 救済が欲しい
⑥ 自尊心(名声・尊敬が欲しい)

⑦ 帰属欲求(コミュニティーや仲間との調和が欲しい)
⑧ 独立したい

⑨ 性的な満足(セックスがしたい)
⑩ 美貌・個人的な魅力を上げたい
加齢とともに分泌量が減っていくホルモンの主なものを紹介しましょう(AACクリニック銀座)。

●成長ホルモン(IGF-1)
脳下垂体から分泌

[働き]
骨や身長を伸ばす。コレステロール代謝の促進。肌のハリをアップする。免疫力強化。心肺機能の強化。記憶力の強化。
[不足の場合]
体脂肪の増加、骨密度の減少、筋肉量の低下、キズの治りが遅くなる、感染症にかかりやすくなる、運動能力の低下、記憶力の低下、肌のシワが増える。

●DHEA
副腎皮質から分泌し、男性ホルモンと女性ホルモンなど50種類を超えるホルモンのもとになる

[働き]
免疫力を高める。狭心症や心筋梗塞にかかりにくくする。骨粗しょう症になりにくくする。
血中コレステロール値を低下させる。肝機能を改善する。血糖値を安定させる。コルチゾールの働きを弱める。
[不足の場合]
染症にかかりやすくなる。癌の発症率が増える。筋肉・骨・関節の衰え。性的機能の低下。
骨粗しょう症になりやすくなる。筋力・神経機能の低下。動脈硬化などの冠動脈疾患の罹患率が上がる。
肥満になりやすくなる

●エストロゲン
卵巣から分泌。女性ホルモンのひとつ

[働き]
排卵を促す、乳房や子宮を発達させる
[不足の場合]
月経障害、のぼせ、ほてり、動悸、めまい、発汗異常、骨粗しょう症、動脈硬化などの冠動脈疾患、骨粗しょう症、不眠、抑鬱、記憶力低下

●プロゲステロン
副腎と卵巣から分泌。女性ホルモンのひとつ

[働き]
活力の増大、睡眠障害の緩和、性衝動の回復
[不足の場合]
乳がん発症リスクの増加

●フリーテストステロン
精巣・卵巣・副腎皮質で分泌。男性ホルモンのひとつ

[働き]
筋肉・皮膚・骨の形成に関わる、性衝動の促進、男性泌尿器と生殖器の育成、前立腺の成長
[不足の場合]
男性機能の低下、積極性・意欲の低下、うつ症状、集中力の低下

●メラトニン
松果体から分泌

[働き]
睡眠に関係するホルモン。強力な抗酸化作用で活性酸素から細胞を守る。免疫力を高める働きもある。
[不足の場合]
睡眠障害、免疫力の低下、コレステロール代謝の医療

フリーエリア









最近の記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。