オシャレなオシャベリなブレイクダンスエンジェル
オシャレなオシャベリなブレイクダンスエンジェル

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成果主義評価の失敗の原因は評価能力の欠如なのでしょうか。
人を評価する能力は非常に高度な能力ですね。

学校の内申書制度も絶対評価をしているのでしょうか。
出来ないことを行おうとしているのね。

出来ないことをしようとすると、どうなると思いますか。
混乱ですね。荒廃ですね。表面を取り繕うだけですね。

絶対評価は努力目標なのではないでしょうか。
絶対評価の出来る人員は絶対的に不足状態なのよ。

相対評価でやって行くしかないの。
年功序列評価も立派な評価システム。

年功序列評価と相対評価。
これが日本の評価システムの基本なのでは・・・
スポンサーサイト
就職活動では必然的に会社訪問するんだけど、その時、訪問した会社のいろいろな人と面接することもあると思うのね。

それで会社の偉い人ってどんなんだろうと悩んじゃうと思うの。そのことについて、何で読んだか忘れたんだけど、面白い話があるの。

会社で偉くなってる人は、4種類のタイプに分類できるのね。それはね、「権門」、「有能」、「ごますり」、「ほらふき」なの。面白いでしょう。

「有能」は少数派なの。だから、就職活動の会社訪問で会った相手がどのタイプかよく見極めないとね。でも、それが良くないと言いたいわけじゃないの。それが社会・会社の厳しさでもあるのよ。いい加減に見えることも否定はしないけどね。

「社会人としての自覚」というのはね。みんな一生懸命だってこと。学生気分じゃだめよってこと。でもね、学生は学生気分なのよね。ほんと・・・就職活動がんばってね。
  

フリーエリア









最近の記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。