オシャレなオシャベリなブレイクダンスエンジェル
オシャレなオシャベリなブレイクダンスエンジェル

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語教育を小学校で行うことに賛否があるのですね。今日も朝からテレビで取り上げられてます。その中で、「英語よりも大事な勉強がある」と言ってます。

でもね、「何が大事な勉強か」については、人それぞれだと思うのですが。テレビでは「読み書きソロバン」「論理的思考力」とかを強調してました。

どう思いますか。反論しにくいですね。でも、どこか間違ってるような気がするの。チョッと変だなと感じるのよね。英語教育を小学校で行うのが、そんなに良くないことなのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

英語より国語が大事でしょうね。
日本人としての自覚というか誇りというかアイデンティティがなけりゃあねぇ。
世界に通用しないでしょう。
ところで、
トラックバックをありがとうございました。(別の記事ですが。。)

TBありがとうございます。
しろです。
いろいろな人(英語の専門家や教育の専門とか)がいろいろ
言っていて、どれも一理あると思うのです。
大切なのは、会話をできるようにならそういう方向で
いや、しょうがっこうのあいだは、楽しもうよというのであれば
その方向で、中途半端にならへんようにということが
大事かなあ。などと思っています。

ぼちぼちな反日小学校教師のしろさん、こんにちは。

「おい!日の丸。そこは、あなたのいるところではないぞ。」
で有名な八尾市亀井小学校の教諭「しろ」さん。
頼みますから日本国内の小学校では反日教育しないで下さい。
問題が大きくなりますよ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2006/03/13 | ぼちぼちな小学校教師 しろのブログ | 小学校の英語教育の話で思い出した。 6年生の先生と話をしていたときのことです。

2006/03/16 | ふるやの森 | 小学校教育は何をめざすべきか? 家庭の子育てを見直すポイントが父親の教育力である。戦後教育のひずみの根本のひとつは母親が家庭教育を主導した点にある。母親の視点はふつう実利的・近視眼的である。<偏差値の高い学校を出ること=将来の幸せ><英語ができること=高い偏差値>というところだけで考え

  

フリーエリア









最近の記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。